占い師がなぜ未来を予見する事できるのか占術や会話術などを独自視点でご紹介します。

占い師の鑑定はなぜ当たるのか?その会話術とメカニズムに迫る!

占い師に鑑定してもらって『言われた通りに行動したら良い結果になった!』または『それ以上の結果が出た!』という人も少なくないと思います。

占いの館での対面鑑定や電話占いを含め、なぜ占い師に鑑定された事が実際に当たるのか不思議に思った事はありませんか?

全ての鑑定結果に当てはまる訳ではありませんが、今回は占いが当たる理由とメカニズムについてお話していきたいと思います。

占いの種類は大きく分けると二つに分類する事が出来ます。

まず、最初に理解しておく必要性があるものとしては占いの種類についてです。これは大きく分けて法則系と超常系の二つに分類する事が出来ます。

法則系占術

大半の占い師の先生が利用するのがこの法則系です。法則系の占いは、東洋西洋問わず生年月日や干支や星座などの個人情報を基にして、これからの運命を導き出す考え方です。

東洋占術の場合、個人情報から盤や課式を作成し陰陽五行論に基づいた自然科学的な鑑定結果を出す仙道五術。

西洋占術の場合、個人情報からホロスコープを作成して四元素や天文学を利用して物理学的な鑑定結果を出す占星術。

超常系占術

超常系は、所謂超能力や霊能力を利用した鑑定方法です。透視やチャネリング(霊との対話)などを用いて現状を視たり、失せ物を探したりする事が出来ます。

法則系の占術と比べると超常系の占術は非現実的だと思われる方も多いかもしれませんが、実際に力を持っている占い師は存在しています。

ただし、占い師によって能力差はあるので全ての超常系占い師が確実に当たるという訳ではありません。

占いの基本となるのはあなたの現状を引き出す会話術

まず前提として、超常系の占いの場合には未知の力が働く事があるので、ここでは法則系を基本として考えていきたいと思います。

占い師の先生に鑑定をお願いする場合、あなたの悩みや現在置かれている状態を占い師に伝える必要があります。

その際に必要な情報としては、鑑定を依頼した占い師が使用する占術にもよっても変わってきますが、基本的には名前や生年月日や干支などがもっとも多く、あなたの情報を占っていきます。

法則系占術の場合、具体的にどのようにして占うのかと言うと、自然科学や天文学に基づいた統計科学で未来を予測します。この法則は人間が作り出した物ですが、四柱推命などは的中率が高めというのは有名な話です。

しかし、的中率が高めだとしても必ず当たるという訳ではなく、占い師の会話術が鑑定的中率を引き上げる一翼を担っています。

その会話術というのは、コールド・リーディングバーナム効果と呼ばれるものです。

コールド・リーディングは、相手に自分の言うことを信じさせる時に用いる会話術で、相手に対する事前情報がない場合でもコールド・リーディング特有の会話方法と観察力によって相手の情報を引き出す事が出来ます。

そして、バーナム効果というものは、誰にでも当てはまるような曖昧な表現を使用する事で自分の事だと思わせる心理学的手法です。

この2つの会話術は一見すると胡散臭く感じる方もいるかとは思いますが、これらは実際に警察官やセラピストなどの職業にも取り入れられている会話術となります。

占い師はこの2つの会話術を併用する事で、あなたの深層心理を言い当てる事が出来ます。

そして、あなたは占い師が知るはずの無い内容を言い当てられた事により占い師の力を信じ始め、鑑定結果を素直に聞く事が出来るようになり、良い方向へ導かれ占いが当たるという結果になる訳です。

鑑定をする事で良い未来へと変化させる可能性

今回は法則系占術の仕組みと会話術についてお話をしましたが、今まで占いが神秘的な力のみで鑑定を行っていると思っていた人にはガッカリさせてしまったかもしれません。

しかし、占いの本質としてはここからが重要で占い師の導きだけでは未来を改善させる事は出来ません。

実際に未来を変化させるにはバタフライエフェクトという現象が関わってきていると思います。

『ブラジルで1匹の蝶が羽ばたくとテキサスでハリケーンを巻き起こすのか?』

これは気象学者のエドワード・ローレンツが講演のタイトルに使用した有名な文言で、予測可能性の比喩表現です。

簡単に言えば、些細な出来事が結果として大きな出来事に変化するというものです。

これを占いに例えるならば『悩みや不安を抱えていて占い師に鑑定する。』この行為が結果として『悩みを覆す大きな影響を及ぼすかもしれない。』という事になります。

占い師が導き出した鑑定結果により、あなたの思考はプラス方向へ傾き、悩みや不安を解消する未来へと到達する事が出来る訳です。

なので、占いが当たると感じている人は、占い師の鑑定結果を信じて良い方向へ進もうとしている人な訳です。

では、占い師にお願いするのではなく自分自身で良い方向へ導けば良いのではないか?と思われるかもしれませんが、悩み不安の強いストレスを抱えている状態では上手く舵取りをする事が難しいはずです。

本来占いというものは未来を変化させるキッカケに過ぎず、実際に未来を変える為には自分自身の行動が必要となり、その助けをする事が占い師の本来の役目であると私は思います。

新着記事

サブコンテンツ

PAGETOP

メニュー